五浦五丁目

【書評】一般意志2.0 - 民主主義を更新する夢

 

Posted by Miyachoo

要約

オタク文化研究でも有名な東浩紀さんの単著です。キーワードは次の2つ。

  1. 「一般意志」
  2. 「データベース」

「一般意志」とは18世紀にルソーが提唱した概念で、「個人の意思の集合体」のことです。ルソーによれば、これが政治に反映されると国民はハッピーになれます。ただし現実的には難しい。

そこで東さんは、「データベース」による「一般意志」の政治への反映を主張します。

データによる政治

ここで勘違いしやすいのは、「一般意志」はコミュニケーションでは導けない(=世論ではない)ということです。

この辺りは難解なので専門書に譲りますが、ルソーは「一般意志」は数学的に導けるものだと言います。決して民主主義の議論によるものではないんですね。

そして数学的に「一般意志」を導くものが「データベース」です。東さんの「データベース」は一般的なデータベースよりも拡張された概念で、様々な媒体に記録された人々の行動履歴(スマホ位置情報やETCの記録からネットのつぶやきまで)を指します。

この「データベース」を分析して政策に反映しましょう、ということです。これがルソーからバージョンアップした「一般意志2.0」です。

一般意志2.0は実現できるのか?

このあたりからは自分の感想です。

この本のアイデアはAIやビックデータと切っても切り離せませんよね。「データベース」は膨大なのでうまく要約する技術が必要です。

現在、世界で一番ビックデータを持って活用している国は中国でしょう。

中国の強みは、個人情報保護のユルさと参入規制による情報インフラ・サービスの国内シェアの高さ(アリババ、ファーウェイ、バイドゥ、テンセントなど)です。なので中国は自国内に個人データを蓄積し、政府に集めることができます。

ただそのデータは政策に生かされているのでしょうか?

少なくとも2015年時点では中国政府のビックデータの活用は難しいようです。

一般意志2.0の実現のためには、社会問題や都市計画、外交などその他の政策に結びつく研究への投資が必要ですね。

プラス、個人的に思うのは、ネットの情報を使うのはかなり大変ではないでしょうか?

仮に政治に使われることになれば、結果を操作しようとして意図的な情報が溢れることになりますが、どうやってスクリーニングするのでしょうか。

(なんだかアフィリエイターと検索エンジンのイタチごっこに似ていますね)